すけっとヘルパー

HOME > すけっと通信 > 認知症と運転

すけっと通信

2015.06.12News

認知症と運転


11日の衆議院本会議で、改正道路交通法が可決成立したとのこと。

内容は、75歳以上の運転者が免許更新時に受ける「認知機能検査」で、「認知症の恐れ」があるとわかれば、交通違反の有無に関わらず、医師の診断を義務付ける内容だ。認知症の診断が下れば、免許の取り消しか停止となる。このほかにも、認知機能が低下した人が起こしやすい違反をした場合にも、臨時に検査を実施する。

免許更新の3年ごとのタイミングだけでなく、認知症の疑いを見抜くのが狙いとなっている。

確かに、高速道路の逆走がニュースになったりして、その多くの運転者が高齢者であるのも事実だと思う。

個人的には、なんとなく違和感を感じてしまった(-_-;)

家族だったり、友人だったり、地域のひとが「認知症」かもしれないって気づいてあげられる社会であればいいなと思ってしまう。

高齢者の方の免許返納も少しずつ増えている。
今までの運転に感謝をし、愛車の前で写真を撮り、免許を返納する「運転卒業式」を行う家族もいるようだ。
認知症の症状がでても、写真が残っているので、免許返納を思い出すことができるとの配慮だ。

こういった形での、認知症との向き合い方の方が、ほっこりしませんか?

皆さん、年齢に関わらず安全運転しましょうね\(^o^)/

◆担当者:jun

◆運営:すけっとヘルパー
・介護・福祉業界への就職・転職相談
・介護施設への入居相談
※住宅型有料老人ホーム
※介護付有料老人ホーム
※サービス付高齢者向け住宅
・介護コンサルティング
・介護求人アプリ:すけっとヘルパー


記事一覧へ戻る

ブログカテゴリ

Facebook